- 最高裁判所でも当鑑定事務所の鑑定意見で「勝訴」の実績あり -

CONTENTS

しんせい筆跡鑑定事務所

〒942-0061
新潟県上越市春日新田2-1-22
サンフィル早津206号室

鑑定人直通:090-3148-0582

全国26裁判所(簡易・家裁・地裁・高裁など)の
指定を受けて鑑定書を提出して参りました。

鑑定人の近況・決意

◎依頼人の心理を深く理解し、真心を込めた対応を致します。

決意

  1. 正義」を貫く強い姿勢で応援します。
  2. この思いが「最高裁での勝訴」につながっているものと自信を持っています。
  3. どこどこまでも責任を持って対応します。
  4. 困っておられる人の身になって対応します。
  5. 鑑定の分析法が「説得力がある」と全国から好評されています。

信念と新たな決意
「慢心」や「オゴリ心」を完璧に排除しつつ、世の中の役に立つべく生きて参ります。

  1. この特許で終わりではなく、これをスタートとして日々「研究心」を燃やしてまいります。
  2. 筆跡であれ、印鑑であれ、指紋であれ、「真実はこの世に一つ」を基本として常に「慎重に、冷静に、公正に、客観的に」判断を求めて精神力のギリギリまでを傾けて結論を求めて参ります。
  3. 姿勢としては「常に日々謙虚な心」「情熱一筋」「コップを傾けても水はいつも水平になる」ように精進して参ります。

姿勢

  1. 鑑定人の事務所としては、全国一の検査設備だと思われます。
  2. しかし、設備が大事なのではなく、いかに客観的に検査するか、そして謙虚さと「真実の研究」への情熱と「正義感」が最も重要な姿勢です。

「鑑定書」の作成が独自法で高い評価を頂いております。
責任説明が明確です。

最高裁でも勝訴
有印私文書偽造、有印公文書偽造、いじめ・嫌がらせ文書、遺言書、金銭借用書など
様々な筆跡鑑定を受け付けております。

相談は無料ですので、
お気軽にお問い合わせください。

  • 筆跡は肉眼直視と顕微鏡を覗く検査法です。
  • 印影と指紋は、OHPフィルムによる重ね合わせ検査法です。
  • 北海道から沖縄まで全国から毎月多くの依頼を受けています。
    (弁護士さんを通じての任意提出)
  • 書面の下から光線を当てて精密に検査する方法も必要により対応する。
  • より精度の高い鑑定を進める目的で鑑定人 早津輝雄が顕微鏡の改良発明で特許を取得。
  • 特許第3585453号

集中検査センター

筆跡鑑定・印鑑鑑定

最高裁でも勝訴

有印私文書偽造有印公文書偽造いじめ・嫌がらせ文書遺言書金銭借用書など様々な筆跡鑑定をはじめ、印鑑鑑定・指紋鑑定を受け付けております。うすい文字・うすい印影・うすい指紋の解析。
相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

(一例です)

顕微鏡10機を駆使

     ○あらゆる課題の解析に全力を尽くす。
     ○全国一の設備だと思われます。

      資料の送付先(距離を気にせず全国から送って下さい)
      この宛名で裁判所からも資料が届いております。
      〒942-0061 新潟県上越市春日新田2-1-22

業歴28年目